スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハルヒル参戦

中村です。
5/17日のハルヒルに参加してきたのでそのお話です。

写真はレース後の自転車

CFLrmFOUIAErPVc.jpg

ハルヒル、箱根HCと続く5月、そんな重要な時期に身体に異変が...
胃腸が活動を放棄してストライキを起こしてくれたせいで8日に体調不良、9日に熱まで出てきて10日11日は動くのもつらいほどに。
更にこの後13日まで固形物を食べると吐き気催すなど最悪のコンディション。もちろんこの間自転車乗れず。
そんなわけで木曜、金曜だけ乗って土曜日は完全休息日に。
ただ当日の調子は良かったり、よく分かりませんね...

とりあえず青梅で友達に拾ってもらい車で前日受付に。
二人揃ってボトルを忘れたので現地調達w
大きい大会なのでメーカーが色々と来ていて本当によかった!
大きい大会特有の楽しさの一つですね。(東京HCはメーカー等来ません)

無事にボトルも買い受付も済ませて試走をしてない!
と言う訳で友達の運転で車からコース下見。
印象として前半は集団で休んで神社過ぎたあたりで前出れれば勝てるかな?と。
あとはコース中にアップダウンが数カ所あって、運営がテープを張っているような箇所もあるので落車怖いねー
気を付けないとね。なんて注意点もチェック。

そんな下見も無事に終えて、宿のある寄居へ(祖父宅)
22時就寝の2:30起床。
時間もないし...と翌日の準備をして即就寝。

そして晴れやかな朝!寝坊もせずに無事に起床。
当日は祖父の運転で現地に。
現地に5:30に着くものの代行をしていた人との合流が遅れて会場入りは6時過ぎ。

その時間でも荷物は余裕で預け終わり、第2ウェーブ中盤よりも少し前に自転車放置。

CFJ6TLOUsAA_rI1.jpg

その後会場をふらついて自転車屋の知り合いやだんぞうさん等など色々な人とお話。
スタート近くなって「もうオフ会終わったし帰りたい...」
と言ってもワクワクするのはお馴染み、スタート地点に移動し無駄にツイをしてスタート待ち。

CFKKM0MUMAAIF2z.jpg

これだけのために毎度携帯を山に送らないのはどうなのでしょう...w

そんな緊張感のない待機を終えスタート!
集団前方に上がってダラダラと登る。
下見で不安だったけど全く問題なく前半のつらそうだなーと思った部分を超えていく。
ただ問題があったとすれば、エキスパの遅れ組が中央でダラダラ走ってたり、左右にフラフラしてたり危険...
遅れる際の車線は徹底してほしいなーと思ったり。

そんな感じに初心者コースのゴールも難なく超え、集団も落ち着いてるし楽しい!!!
なんて思いつつ応援に思わず微笑んだり。

し・か・し
問題は突然に。

最初の緩い下り、S字コーナー。
まずは左から右に、そして左に。
最初のコーナーはよかった。

しかし
突然

前の二人組の左が突然揺れて右に車線変更。
右には人が一人。当たるホイール。
揺れる二人。
ヤヴァイ
瞬時にそう判断しハンドルを左に。
しかしそれじゃあ間に合わないと判断して軽くブレーキ。

しかし緩い下りで先頭集団、速度は乗ってるのは言わずもがな...
ヒルクライムの40kmで急に速度を緩めてとまるわけがない。
突然後ろからの衝撃、気づいたら地面に...
ヤヴァイ...!!
瞬時に自転車起こして落ちたチェーンをはめて後輪を回す。
でも回らない...
ブレーキがずれたか!?と直してもう一度回すも当たる...

フレやがったクソがと思いつつホイールをよく見るとスポークが...

_MG_6198.jpg

スポークを引っこ抜こうとするも構造上抜けない。
その時後ろで落車した人の「もう無理だ...諦めよう...」
という独り言か語り掛ける声か...それは聞こえるや否や涙を流しながらサドルを叩きながらなんでだよ...と叫んで自転車をガードレールに放置。
ダッシュでコーナー入口に戻り手を振りながら叫ぶ。
「この先落車してまーす右に寄ってくださーい。」
実は後々聞いたところ、10人越が巻き込まれる大落車だったらしく、先頭も2つに別れるほどだったらしい。

そんな落車なので僕以外も3人止まって諦めていたので落車側に寄られると危険。
と言う訳で注意喚起に。
少ししたら運営のバイクも来たので事情を話して、とりあえず右側に寄りましょうか。
ということで左側から右側に戻り、運営の人の誘導で少し手前にあった休憩所に。

木陰だったので気づかなかったけど陽の当たる場所でよく見るとフレームが...

_MG_6196.jpg

_MG_6195.jpg

_MG_6192.jpg

シートステーが両側綺麗にクラック。
もう乗れないな...と即時に自分で分かるレベル。
初心者コースの下山用バスがレース後に出るから、自転車を軽トラに預けてバスで下山することに。

お互い自己紹介なんかをしていると、4人とも入賞狙いだったことが。まあ第二ウェーブ先頭の中でも前の方にいた面々ですからね...
お互い話に花を咲かせているとディスクが。
ジャージを見るとだんぞうさんじゃないですかー!!!
とりあえず叫んで応援しておく。
これまたレース後のお話ですが、気づかれてなかったらしい()

その後はNHKのメガネのお姉さんと談笑し、運営のお姉さんと談笑し、警察のおじさまに事情聴取され...
軽トラに運ばれる自転車を涙目で見送り引き続き雑談していたらレースも終了。

無事にバスで下山し完走賞の発行所の列でロリ影さん発見。
ツイで見ていたら2位のようで。
おめでたいけど本人的にはどうなのかな...と思いながらも、おめでたいことに代わりはないだろうしおめでとうございますと伝えまた列を眺める作業に。
続いてだんぞうさんに発見"された"
DNFしたと伝え、とりあえずオタクも集まるだろうし...
ということで壊れた自転車が運び込まれていた運営横に集合することに。
βさん筆頭に続々オタクが。
初見なのはふぉーかすさんや小にゃんさん。
オタクの知り合いがレース会場で増えました()

そしてフレームの件を伝えると真っ先に身体の心配をしてくれる皆さんに感謝。
幸い体は全くダメージもなく(かすり傷ひとつも)、完全に後ろから突っ込まれて自転車が壊れて倒れただけでした...
ジャージも無事だったりで不幸中の幸い。

その後は荷物が送られてくるのを待ち、14時頃に会場を後にしました。

クリテやエンデューロは落車が怖いから...と避けてきていたものの、まさかのヒルクライムで落車して機材破損。
初のDNFとなりました。
悔しいし最悪ですね。
ただ、レースをやってて、尚且つ入賞狙ってピリピリしている誰もが必死な中で走ってるんだから仕方のないと言えば仕方のないことですね。
前でハスって落車の原因を作った人も、後ろから突っ込んで恐らくフレームを壊した人も恨む気ZEROです。

ただ、やっぱりエキスパ組が遅れるのを中央で走ったりしてるのは危険じゃね?
とか、市長が無理やり受け入れ予定枠を超えて増員したりはどうなのよ...
と思ってしまう次第。
あとは、今後はより一層落車しそうな奴を避けて走ろうと心に決めました。
だってそうでしょ...なんであんな変な寄りかたしたのやら...
色々と思ってしまうものの納得は出来ました。運がとことんなかった。

その後は一人泣き腫らしたり、もう自転車辞めちゃおうかな。と本気で考える。
泣きながらツイ見てたらユウさんからのリプが滅茶苦茶染み渡りまた声を出して泣く羽目に。
でも、金欠学生には新しいフレームも買うお金ないし、本当に無理かな、もう。
と心から思ったのでユウさんに返事をすることなく一人寄居から帰る車の中景色を眺めてました。
ロードを買うきっかけになった道ですからね。色々と考えることもあるわけです。
この時点では自転車辞めちゃおう。と自分の中で決心。
直せないだろうし、直すまで走れないだろうから表彰台競うのは出来なくなる。
ならもういいでしょ。
もう十分楽しんだでしょ。
そんな思いでした。
そんな中寝て翌日を迎え、一応報告と最後まで諦めきれない気持ちも多少あったのか、自転車屋に。
報告をすると店長から予想外の一言
「知ってるよ。ちょっと確認とるつもりだから待ってて。」
知ってるのは納得がいくとして一体何を...

そうして色々と話をしていくと"直せないけどどうにかしよう"
ということに。
いままでの経験論で店長がどうにかなると言ったらどうにかなるな?と思い
また自転車に乗れるのかな。
なんて安心している自分が。
辞める
とは言ったものの、乗れるなら乗りたいのが本音。
表彰台に上がった時の景色も、表彰台のために必死になる時間も、ロングライドの景色も飯も疲れも達成感も
自転車の全てがやっぱり好きで魅せられてるんだな。
なんて思いつつ、店長がどうにかなると言うならどうにかまた自転車に乗ろう。
そんなことを思いつつ、バイトがあるので詳細はまた...ということでお店を後に。

これが今日のお話。
詳細はまだ決まっていないので、決まり次第呟いて行こうと思うので生暖かく見守ってもらえると幸いです。
また、やっぱりショックは大きいので少し自転車とは距離を置こうかな。
と思ってしまうのも本音なので、少しの間最低限意外自転車には乗らないと思います。

良い季節ですが、ロングライドも当面する気ないです。
また、ちゃんと正面から向き合って自転車に乗って楽しめる日が来るまでは移動の足として使おうと思います。

追記:
ガーミンコネクトに落車時までのログを上げました
https://connect.garmin.com/modern/activity/776585257

YouTubeに落車を捉えた車載動画上がっていたので(16分50秒前後)
https://www.youtube.com/watch?v=0yjoErTMDBM&feature=youtu.be&app=desktop

YouTubeの落車2 こちらは撮影者さんも巻き込まれてるのでより詳しく状況分かりますね。(16分30秒前後)
https://www.youtube.com/watch?v=nQDOOwf7u74

YouTubeの落車3 これも上と同じような状況。(17分40秒前後)
https://www.youtube.com/watch?v=_hoKjDAuclY&feature=youtu.be
スポンサーサイト

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : ハルヒル レース HC ヒルクライム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。某自転車屋さんつながりの者です。
大変でしたね。それでも怪我がなくて幸いでした。

僕もカーボンを割りましたが、カーボンドライジャパンでリペアして貰いました。
修理代は8万くらいだったと思います。
愛着があるフレームでしょうから、予算次第で検討してみてはどうでしょう。
たぶん、買い直すよりは安くつくと思います。

カーボンドライジャパン
http://www.carbondryjapan.com/repair.html

修復後
http://cloudsoveruberslope.blog.so-net.ne.jp/2014-07-13

>yakanさん

わざわざありがとうございます。
フレームを直すことも考えましたが、今後レースをしていくうえで愛着があるから直す。
でもそれで勝てる?変わらず乗れる?
そう考えた際、お金がかかっても買い換えるのが今後のためと判断し、買い換える方向で考えています。
ただ、初の本格的なロードバイクで各地を走ったフレームなので仰る通り、愛着もあります。
なので、直すだけのフレームか?と思われそうですが、余裕のできた際には直して町乗りバイクでもロングライドバイクでもいいから復活させようと思っています。
何時になるかは分かりませんが、いつかはまた走れる自転車にしようと思うので見守って頂けると嬉しいです。
プロフィール

中村きょん

Author:中村きょん
奥多摩、秩父の方に出没する人です。
弱音ハクちゃんは今日も可愛いです。
弱音レーシングって名乗って山登ったり。

自転車
ANCHOR RIS9
RL8 破断
RA700

2014年
TAT 129時間30分
2015年
東京HC日の出 総合5位
東京HC奥多摩 年代1位(総合10位)
東京HC檜原 総合8位

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。