スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初マラソンな感じの第50回 青梅マラソン

タイトルまんまですが僕にとっては初めてのマラソン(30km)であるところの青梅マラソンを2月の21日に走ってきました。
初めてのチャレンジ、それをダラダラと...

青梅マラソン数日前に何気なく檜原の記事(http://nakamukyon.blog.fc2.com/blog-entry-68.html)を読んでて気づきましたが、この時点で既にエントリー終わってたんですね。

今になって思えば冷静な状態だったら絶対に申し込まないであろうマラソン
大学のない日、堕落しきってるので昼前に起きてTwitterを確認するとある方が呟いていらっしゃる。
青梅マラソンの申し込み全然できねーw」
実は青梅マラソン、ネットで3日間にわけて申し込み。1日ごとに定員を設けて先着順なため、申込み直後にアクセスが集中し弾かれる。
赤城HCなどのエントリーと似た感じですね。
そこで寝起きの僕。何を考えたのか何も考えてないのか
「俺なら出来る」
そんなツイートのあとに寝起きの頭で申し込み開始。
最初の不幸。なぜか一発でエントリーページへ。
2つめの不幸。自転車の大会で使ってるサイトだったためにアカウントもありクレジット情報も登録済み。
3つめの不幸。寝起きで何も考えてないのでサクサク終了。

最終的に一通のメールが
『30kmの部でエントリーが完了しました』
当時の僕は覚えてませんがさぞ満足げに笑っていたことでしょう。
笑えないのはその後の自分です。
寝起きの勢いに任せてエントリーしたものの、30kmなんて走ったこともない。
最後に走ったのは高校の授業での3km程度を1回きり。
毎日走っていたのは中学2年を最後に経験なし。

そんな中村さんが挑んだ長いようで短い30km...

最初に当日の装備。
下から肝心のシューズはasicsのTATHER JAPAN。
これはマラソンに向けて購入。
結構早い人向けってことだったんですが
「練習すればイケるイケるwwwww」
という点と見た目がとても良い。そんな理由でチョイス。
僕のペースならもうちょい厚めのクッション性高いのでよかったんじゃない?とも思います。

靴下はマラソン前日に購入してぶっつけ本番で導入したランニング用ソックス(よく知らん)
詳細気になる人いたらコメントお願いします。そうしたら調べます。

ノーパンで2XUのコンプレッションタイツ。
これは自転車始めた当初に何も知らずに買って最近はお蔵入りしてた物。
まさかこんな形で出番が来るとは...
有無しの差は分かりませんが、ランをしている自転車クラスタが口を揃えて
「あった方がいい」
と言っていてあっても気にならないし履きました。

その上から中学時代にテニスで使ってたYONEXの短パン。

上は下と同じく2XUのアンダー。
これは練習では着てなかったけど、腕疲れるなーと思ったので着ました。
効果は知りません。ただアンダー1つ着るつもりだったし丁度良かった。
着たおかげか、最後まで腕が疲れることはありませんでした。

その上から自転車用の半袖ジャージ。
当日は地元ということでCROCERISTAのチームジャージを。

最後に前回紹介した(http://nakamukyon.blog.fc2.com/blog-entry-71.html)度入りのレーダーロックを。
後半20km辺りからはやっぱり頬との接触が気になって痛いので外して頭につけてました。
まああってもなくても良かった気がするけど、やっぱり視界がはっきりするのは安心だし頬との接触さえ気にならなければ最高だった。

サイクルジャージなので背中ポケットにはセンターに携帯と速攻元気。後ろから見て左ポケットに200ml程度のミニボトルにポカリ。右ポケットに一本満足を2本。
先に結果を言うと携帯と一本満足はいらなかった。
背中で暴れて邪魔なだけ。
まあ緊急用に携帯、小銭は必要かな?とも思いますが回収バスありますしね...

イヤホンで音楽聴くとペース取れない気がしたのと、折角だし大会の雰囲気聴きたい。
ということで音楽はなし。

そんな装備で当日朝を向かえました。
ギリギリまではジャージを着て暖かくする作戦。
10時からゲーセンへ行きリラックス。
ママチャリを河辺の友人宅に置かせてもらい更衣室で着替えようと思ったら思ったよりもごった返してる...
合流予定だった彼女に荷物預けちゃお★
ということで着替えはパス。
合流してジャージとサコッシュに入った細かい荷物を丸投げして奥多摩、檜原とお馴染みのブルータスと合流。

お互いほぼほぼ最後尾スタートということでパックでスタート。
スタート地点から遥か後方でスタート待ち。

スクリーンショット (33)

先頭がスタートして徒歩でも問題ないペースで前へ前へ。
スタートラインを切ってからも人が多すぎて小走り程度。
左歩道寄りにある微妙なスペースを使って二人で前へと出て行くけど思ったように進めない。
まあ前もってブログなど読んでいたので予想通り。
青梅駅の前を抜けて少しすればもう少し走りやすくなるかな~とは思っていたのですが、ある程度ペースが合う集団までは行きたかったので少しずつでも前へ。

給水も必要ないと思ったので給水所の集団邪魔だなーと思いつつも右寄りから前へ。
まだブルータスと下らない事言いながら笑って走れるレベル。
ただまあ30kmもあるマラソン。自転車と一緒でいつまでも仲良く走りましょうとはいかなかった...

次第にアップダウンが出始めて疲れるなぁと思っていると左側からブルータス前へ。
僕は右寄りにいたので着いて行けず別れる。
ただ無理に着いて行くこともないかな?と思い見送り。
僕は僕のペースでダラダラ行こうと決定。
正直な所ブルータスより早くゴールしたかったので残念な思いもあるけど先ずは完走。
高校時代に運動部で鍛えられている彼にはかなわなかったよ...

そのままマイペースに1km5分前後で走っていると右側から見慣れたジャージが。
アレ...ブルータスさんが遅れてきてる...?
いやまあとりあえず僕は僕の(ry

と右側にまだいたので左から垂れているブルータスをパス。
結果としてこの後彼を見ることはなかった...

その後も順調に距離をこなして折り返し地点手前で見慣れたジャージ発見。
CROCERISTAの知り合いが応援に来てくれてました!
正直半分走って未知の領域にも入って怖かったので心強い!
道中唯一の写真も撮って頂きましたとさ。

aa.jpg

そんな応援を背に受けて無事に折り返し。
前半は抑えて後半飛ばそうと思っていたけど前半人多すぎて自然と抑える形になったので後半飛ばそう!
と思ったものの飛ばすほどの余裕もなく周りのペースが丁度良かったのである程度走っては余裕あるタイミングで少し前に...
を繰り返す。

すると折り返しから少し走った18km前後で右足首に違和感が...
少し痛い。

かばうように走っていると気にならなくなったものの、左足に水ぶくれ出来たような感覚が...
泥沼だなぁと思ったものの、それが走り込んでない自分の体の限界の始まりでした。
水ぶくれ痛くはない物の、復路は全体的にアップダウンこそあるものの下り基調。
右足首にまたジワジワと痛みが。

本当に辛くなったのは23km前後から。
下りは勿論登りもつらい。
ただ、自転車では登りしか取り柄がない人間。
自転車で登れるんだしランでも耐えろ、抜け、前に出ろ。と今となってはむちゃくちゃ言うなwwwwと思うものの当時の自分はそんな鼓舞を自分へ。

しかしペースも上がらず、喉は乾くけど汗がそこまで出ないから水溜まるという最悪の状況に。
25kmからはもう何も考えたくなかった...

ただ、ゴール地点に彼女いるのでリタイアは勿論、自分の中での謎基準で歩きたくない。
というか歩いたら間違いなくもう走り出せない。
という訳でゆっくりではあるものの走ってる(つもり)で前へ。

心拍も上がらず腕の感覚もなく、喉乾いたけど吐き気凄いから飲めない...
まさに生き地獄。
行きはあっという間だった1km1kmが果てしなく遠い。
しかもスタート地点がフラムルージュ(ラスト1km)嘘でしょ...もう無理だよ...
メッチャ吐きそうだけど青梅市街地から切れない程観客の方いたので吐けない!!!

もうなんで走ってるのか分けわからないものの、思っていたのは
今回 20歳 第50回青梅マラソン という初参加。
つまり...50年後の100回大会は
70歳で100回大会か。
その年でも走れたらカッコいいなぁ。
なんて未来図。
今になって考えると未来より目の前の現実をどうにかしろと。

そんな気が遠くなる先のことを考えながらラスト1kmへ。
ここからはどこに彼女いてもおかしくないので意地で走る。
メッチャ抜かれてるけどもうそれさえも気にならず。
ただ一つの気がかりはブルータスの追い上げ。
そんなことを最後の最後まで考えてたものの、無事にゴールしましたとさ。

そこまで面白い展開もなく、ただただ必死に走り続けた30kmでした。

スクリーンショット (28)

1km4分30を目指して始めたものの、5分にも届きませんでした...
圧倒的練習不足。

その後はフィニッシャータオル受け取り、完走証明賞ないのか!?貰い忘れてないよな!?
と不安になりつつ彼女と合流。

震える程度には寒かったのですぐにジャージ上から来て撤収。
情けないことに歩くのもやっとなので自転車に乗って彼女に押してもらいましたとさ。

今その光景を自分で見れるなら恥ずかしくて穴掘るレベルでしょうねw

沿道で応援してくれた知り合いの方々やわざわざ応援に来てくれた彼女に感謝です。

ゴール直後は二度と走らないと思ってましたが、練習しっかりして来年も出たいと今では考えてます。
FaceBookでCROCERISTA店長に来年は出て抜くと宣言もされてしまいましたしw

という訳で来年も前向きに参加を考えたいですね。地元の一大イベントですし。

以上、初めてのマラソンでしたとさ。
ちなみにこれがログです
https://connect.garmin.com/modern/activity/1057957530

心拍が自転車でも見たことない数字になってますね。
よく死なないなぁ...()
スポンサーサイト

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

tag : 青梅マラソン マラソン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中村きょん

Author:中村きょん
奥多摩、秩父の方に出没する人です。
弱音ハクちゃんは今日も可愛いです。
弱音レーシングって名乗って山登ったり。

自転車
ANCHOR RIS9
RL8 破断
RA700

2014年
TAT 129時間30分
2015年
東京HC日の出 総合5位
東京HC奥多摩 年代1位(総合10位)
東京HC檜原 総合8位

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。