スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回目の榛名山ヒルクライム

去年、序盤で落車。
機材を壊して初めてDNFとなり涙を流したレース。
懲りずに今年も参加してきました。


去年も夏じゃないのと思いたくなる暑さの中でのレースでしたけど、今年も同様事前受付の土曜日もレース日の日曜日も快晴、暑い2日間になりました。

歯医者に行き、終わってない準備を済ませるために12時から自転車屋へ開店ダッシュ。
ディスクがずっとパンク疑惑あったので、シーラントを入れてもらって多少買い物をして帰宅。

帰路で昨年同様、一緒に参加する友人が迎えに来てくれていて偶然遭遇。
そのまま家の前に来てもらい積み込み開始。

友人の運転でこれまた宿になる寄居の祖父宅へ。
そこで荷物を下ろして、最寄り駅で彼女を回収し受付会場の高崎駅へ。

昨年唯一の受付会場だった学校までの路地がとてもとても渋滞してくださったので、駅で受付が出来るのは嬉しかったですね。
輪行袋を抱えた人や、受付を済ませたのか輪行を解除してる人が目立ちました。

高崎駅の階段で躓いて転びそうになるも、怪我なく受付も済み、昨年より更にダサさが磨きがかったTシャツを受け取り寄居へ。

整備をする前に晩飯~
ということで晩飯へ。
夢庵で食べたいものもないので、ゲン担ぎにヒレカツ。
大会前に揚げ物...って気もするけど、気にしたら負けですね。
美味しかった。

帰って来てからは整備開始。
荷造りはしてたものの、自転車の準備を一切してなかったのでやること沢山。
前後のホイール交換にシュー交換、スプロケ移植などなど。
いつも通りなら30分で終わる...
ハズだったのですが、ブレーキシューの固定ボルトが舐めてて回らないッ

必死に回すもダメで、アルミで出るか~~~と諦めたその時...
回った。

どうにか交換できましたとさ。

次にガーミンにデータ入れようとしたらまた問題発覚。

miniUSBがない()

microSDの変換アダプタも持ってきてないし死んだ...

と思ったら、彼女がカメラで使ってるSDがmicroSDを変換して使っていたので変換アダプタを借りてデータ挿入完了。
充電は問題なかったのでギリギリセーフ。

偶然に偶然が重なりどうにかスタートできる状態に。

そんなバタバタした準備を終え、23時すぎに就寝...


翌朝は3時に起き、ダラダラ準備をして3時30すぎに出発。
去年は会場手前で降りて走りましたが、今年は歩きの彼女もいるので駐車場まで。
駐車場からシャトルバス乗り場までのバスに乗る彼女を見送り、友達と空気圧確認などを済ませて荷物預けに。

だけど会場見えない位置から既に自転車渋滞...
車の渋滞を潜り抜けてやっと着いたと思ったらまた渋滞。シャーナシですね。
規模も規模ですし。

少しづつ進む列で友達と駄弁っていると見覚えのある男が...



βさん、トレさんと遭遇。
βさんはウェーブ一緒なので心強い。
荷物も投げ、友人は4ウェーブなので待機場所前で別れてβさんと二人きりに。

割と不安もあって緊張してたものの、年も近いβさんと一緒なおかげで
「ディスクじゃないやんけwwwww」
「今年も落車かな??」
なんて冗談言い合ってゲラゲラ笑えるほどに。

列移動前に彼女に電話して最後に応援されつつ、遂に移動開始。

去年は2ウェーブ目中盤より少し前でスタートしたものの、今年は中盤より少し後ろでスタート。



最初はβさんと喋りながら走りつつも、坂が本格的になってきたらばらける。

途中、檜原で知り合った方に抜かれ際
「きょん君頑張れ」
なんて声をかけられ、少し後ろにつくも練習してない僕じゃ長くは持たず...
ダラダラ千切られ
先頭集団‐中集団‐小集団‐千切れ...
と言った構成だったと思うのですが、小集団に。

中集団まで上がれるほどの体力もなく、早々に異変が。
喉と口が異様に乾く上にべた付く感じ。
コレあんまりよくねえなぁと思いつつも水分補給をしながら、去年落車した初心者コースゴール先を無事に通過。
ここで糸も切れたのか、一気に遅れる...
小集団にも着いて行けなくなり、千切れてダラダラと完走へシフト。

後ろにβさんがいるだろうから抜かれないようにしないと。
とだけ考え、エキスパから遅れてくる高校生のペースに合わせて、心拍が落ち着いたら前の遅れに追いつき合わせて...
と繰り返し、少しづつ前へ。


行ったつもりが後ろからジワジワ抜かれてたり。

こんなに坂ってつらかったっけ?と考え、吐き気をどうにか抑えつつ榛名神社コースのゴールを通過。
自分の足で来たことはなかったけど、確か本当につらいのはここからだよなぁ...
とネガティブ全開でどうにかダンシングで登っていく。
でも観客も次第に増えてきて、どうにか励まされつつ前へ。

途中メッチャ大きい声であと少しだよー!ラストラストー!と叫んでる女性がいたので、もしかして皆が言ってるラストじゃないラストスパートかな?なんて考えつつカーブを抜け少し進むと大声援団が。

もう一人一人の顔を見てる余裕もないので、もしかしたらこの中に彼女いるかもなんて考えて最後のアッピル。
2015年TDFの山岳でロットエネルの選手がやっていて一目惚れした”もっと盛り上げて”というアピールをして、声援が大きくなったところでラストスプリント。

無事に今年はゴールすることができました。
しかし無理して登って最期にスパートかければ体は限界。
速攻コース右のスタッフの所で自転車を止め、ゲロタイムスタート☆

もうね、止まりませんよ。赤城の時よりつらい。

スタッフにメッチャ心配され「救護室行きますか!?大丈夫ですか!?」と声をかけられるも、あぁ赤城の時と一緒だ...と悠長に。
「大丈夫です。いつものことなのでw」と微笑みかけ?再スタート

少し下ると見覚えのある女の子が...
何でそこに!?
ゴール前にいたと信じた彼女である()

ゲロ臭くてごめんなさい🙇本当に。

話を聞くと、送迎バスに”ゴール地点”で降ろされ、”計測ゴール地点”があるのかさえ分からなかった...とのこと()
ハルヒルは初めてだけどパンフ見れば分かったし、しっかり読んで伝えておけば良かった...
次応援に来てもらう時は、ちゃんといいところ見せられるように調べなければと心に決めた中村であった()

そんな話をしてたらβさんがすぎて行ったので、一回別れて後を追いかけ荷物回収。
βさんにゲロくせえと言われたので、とりあえずグローブを洗い下山待機列方面に。




散々ネタにされましたとさw
人をネタにして稼ぐふぁぼはうまいか!!!

ともあれ
一旦下山列横でラックにかけて着替えを済ませてると
???「(リアル苗字)きょ~ん」
僕「???...???」
声のする方を見るとツールド東北で知り合ったKさんが!!!
どうやら僕の影響(?)でヒルクライムレース初参戦だとか。
しかも、僕を驚かせるためにサプライズで...メッチャ動揺したけど、凄く嬉しかったりw
本人も会えなかったらどうしよう...とヒヤヒヤしてたそうですがw

その後もトレさんや友人、クロチェリスタの面々とも遭遇し、話も一区切りしたところで下山列へ。
下山列でもう一度Kさんや彼女と合流し、話も弾んだ辺りで下山開始。
彼女はバスで下山なのでまたお別れ。

βさん、トレさんと3つめの下り集団で下りましたとさ。

下りは特にトラブルもなく、ダラダラ話しつつも
「登ってる時は苦しくて見れなかったけど、こんな景色だったんだなぁ」
なんて思いつつ下山。

下山後はβさん達とも別れ、下山バスまで暇なので完走証明書もらったり飯食って本部横でお昼寝したり。
去年はここに折れた自転車が転がってて、待ってるのは彼女ではなく荷物でした...
感慨深さもアリ、嬉しさもあり。複雑。



何はともあれ、入賞こそ全く絡めなかったものの、奥多摩に向けての課題と1年越しの完走を果たせたのでよかったかなぁと思います。
次はチーム戦でエントリーした奥多摩なので、チームメイトに迷惑をかけないよう練習しようと思いますw

最後に


チンポジ修正じゃない💢
上に上がってくるアンダーウェアを直してただけ💢

49分頃 最後の雄姿が...
スポンサーサイト

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

tag : レース ヒルクライム HC ハルヒル 榛名山

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中村きょん

Author:中村きょん
奥多摩、秩父の方に出没する人です。
弱音ハクちゃんは今日も可愛いです。
弱音レーシングって名乗って山登ったり。

自転車
ANCHOR RIS9
RL8 破断
RA700

2014年
TAT 129時間30分
2015年
東京HC日の出 総合5位
東京HC奥多摩 年代1位(総合10位)
東京HC檜原 総合8位

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。